オンラインカジノ税金について知っておきたいこと|まとめ

Online Casino Tax

オンラインカジノの税金については、出金前に知っておきたい知識です。

知らなかったじゃすまされない税金の話を、まとめました。正しい知識をつけて、より楽しく損をしないようにオンラインカジノで遊びましょう。

もくじ
✅ オンラインカジノの税金
✅ 税金を払うタイミング
✅ オンラインカジノで得た勝利金の納税計算方法
✅ もし税金を払わなかったらどうなる?
✅ オンラインカジノの勝利金の税金をおさえるには
✅ まとめ

オンラインカジノの税金

Online Casino Tax

オンラインカジノは、ここ近年でプレイヤーが増加しています。

そんな中、お金を賭けて遊びお金を手にした際には、収入となります。そこで一番気になる税金のことについての解説をしていきます。

結論、オンラインカジノで得た勝利金は、税金が「発生します」。

オンラインカジノで収入を得ると、一時所得となり、その賞金には税金がかかってくるのです。

オンラインカジノに限らず、競馬やパチンコなどのギャンブルにも税金は発生しているんですね。

ギャンブルの勝利金は直接現金出の支払が多いため、税務署は具体的な金額が把握できないため指摘を受けないこともあります。

しかし、本来ならば、納税額は申告しなければならないんです。

一方で、オンラインカジノは、いろいろな出金方法もありますが結果的には、銀行に振り込まれるので、入出金の流れしっかりと記録され、税務署も資金の確認は安易になるということですね。

結果、オンラインカジノで賞金を得た際には税金を納めなければなりません。

税金を払うタイミング

Online Casino Tax

では、どのタイミングでオンラインカジノに対しての、税金納めなければならないのか、というところですね。

オンラインカジノで儲けたとしても、必ず税金がかかるとは言えません。

確定申告が必要になるのは、年間で50万円以上の収益を得た人です。

普通の確定申告と同じで、1月1日から12月31日の間で計算します。

その得た利益は、一時所得に分類されます。

ここで注意したいことが、損失額は支出としてカウントできないということです。

負けた分は経費として加算ができないことは覚えておきましょう。

確定申告のタイミングは、毎年2月16日から3月15日となっています。

オンラインカジノで得た賞金の納税計算方法

オンラインカジノの賞金としての利益は、「一時所得」に分類されます。

そこでの計算式は以下になります。

一時所得=総収入額-総支出額-特別控除額(最高50万円)

一時所得の課税対象=一時所得×1/2

所得税=(給与所得等他の所得+一時所得の課税対象)-(各種所得控)×税率

参考にしてみてください。

ここでの税率ですが、これは「総収入の金額」によって変わってくるんです。

たとえば、4000万円勝ったとすれば40%が税率になります。そこで、もし5000万円負けたとしても、この5000万円は損失していますが、支出としての計算はできませんので、4000万円の40%を税金として払わなければなりません。

もし払わなかったらどうなる?

Online Casino Tax

確定申告の期間は記載しましたが、もしそのタイミングで支払わなかったらどうなるのかについて、説明します。

オンラインカジノに税金がかかるのは分かってもらえたかと思います。

確定申告でその税金を払わなかったとしたなら、それは「脱税」となります。

オンラインカジノ出の税金事情を、知らない方が多くいらっしゃいますが、知らなかったとはいえど刑事的責任に問われる可能性もあり、その最悪の場合、罰金になる可能性も無きにしも非ずですので注意しましょう。

オンラインカジノの勝利金への税金をおさえるには

Online Casino Tax

ここで税金をいかに払わずして、オンラインカジノを楽しむかというところに注目してみましょう。

オンラインカジノの税金は、特別控除の対象になっているところがキーポイントとなります。

そのため、賭けが50万円以上にならないように調整するのが一番手っ取り速い方法と言えるでしょう。

また、別の方法として引き出し額を50万円以下にすることです。

賞金として獲得した際に、すぐに電子決済などで銀行口座に出金志内ようにすれば、もし税務署から銀行口座をチェックされた場合も、特に問題はないと言えるでしょう。

また、オンラインカジノには勝ち負けがあるので、収入より損失が多くなってしまった場合でも税金を払わないといけません。

そういったケースを避けるために、しっかりと管理し、支出をつけるようにしましょう。

また、オンラインカジノの税金を法人化で対策している方もいらっしゃいます。

年間の所得が500万円を超えると、法人化で節税となりオンラインカジノの税金を減らせます。日本にも、継続してたくさんオンラインカジノで稼いでる方は大勢いるんです。

まとめ

オンラインカジノでは、他の日本のギャンブルよりも大金を稼げる可能性が高いのもあります。

それも、人気の理由のひとつといえるでしょう。

しかし、オンラインだからこそ注意しなければならない面もあることが、オンラインカジノの税金にて理解していただけたでしょうか?

この知識さえあれば、脱税で捕まることもないですし、かけすぎて負け続けることにも意識して管理ができそうですね。

  • 管理をする
  • むやみやたらに出金をしない(年間利益50万以下)
  • 銀行口座でなく海外決済サービスを利用

こちらを意識して、自己管理を行いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *