ブラックジャック必勝法・攻略法|オンラインブラックジャック

もくじ
✅ ブラックジャックをプレイする前に覚えておくこと
✅ ブラックジャック必勝法

ブラックジャックをプレイする前に覚えておくこと

Blackjack

ブラックジャック/オンラインブラックジャックをプレイする前に、まずブラックジャックの基本ルールや用語を覚えておくことです。

勝つ確率を上げることよりも、ブラックジャックのルールが分からなければ、確率を上げようとしても上がるわけがありません。

なので、必勝法の解説をする前にまずはブラックジャック基本ルールと用語の解説をしていきたいと思います。

ブラックジャックはディーラーと勝負するテーブルゲーム(カードゲーム)になっています。

ルールはとてもシンプルで、カード合計値が21になるか、21に近ければ近いほうが勝ちというルールになります。

カードはまず2枚配られます、2枚配られたあと、追加カードを引くか引かないかを決めます。 

ちなみに、ディーラーはルールでカード合計値が17になるまで追加カードを強制的に引く必要があるので、プレイヤーにとっては有利です。 

プレイヤーは21を超えなければ何枚でも追加カードを引くことが出来ます。

ブラックジャックのカードの数え方】

・2~10→普通にカウント

・A→エースは1また11とカウント(自分に有利な方を選べます)

・J,Q,K→絵柄は全て10とカウント

ブラックジャック用語

・HIT→ヒットとは追加でカードを引くこと

・STAND→スタンドとは追加カードを引かないで勝負すること

・DOUBLE DOWN→ダブルダウンとは、ベット額を倍増にして、カードを1枚追加で引いて勝負すること

・SPLIT→スプリットは同じカードが配られた場合、ベットした金額と同額を賭けて、手札を2つに分けること 

・BUST→バーストとは、カード合計値が21を超えてたため、負けること

・SURRENDER→サレンダーとは、最初に配られた2枚のカード合計値を見て、ディラーの手札に敵わないと判断した際にサレンダーをすると、掛け金の半分が返還される

・INSURANCE→インシュアランスとは、ディーラーに敵わないと判断したときに使えるアクションです。

賭け金の半分を保険として差し出すことによって、もし予想が当たりディーラーの手札がブラックジャック(21)になった場合、保険金として差し出した金額の合計額が戻ってくることがインシュアランスです。

・OPEN CARD→オープンカードとは、表向きに配られ、カードの点数が公開されているカードのこと

・HARD HAND→ハードハンドとは、A(エース)が含まれていない手札のこと

・SOFT HAND→ソフトハンドとは、A(エース)が含まれている手札のこと

プレイするテーブルによって、インシュアランスが使えないテーブルや、ダブルダウンが使えないテーブルもあるので、全てのテーブルで使えるアクションではないことを覚えておいてください。 

上記のブラックジャック用語は、ブラックジャックをプレイしている際よく使われる用語なので、覚えておくといいですよ。

ブラックジャックの必勝法|オンラインブラックジャック

Blackjack

さて、それではブラックジャックの基本ルールや用語を知っていただいたので、早速ブラックジャックの必勝法について解説していきたいと思います。

ブラックジャックはバカラと違い、自分でアクションを決められるゲームなので、勝つ確率を上げることが可能となっています。

あくまで、「確率を上げる」方法なので、100%勝てるということではありません。

ブラックジャックは技術のゲームともいわれていて、この必勝法を使いながら経験を重ねていけば、オンラインカジノ通常の97~98%の還元率より1~2%上げるのも夢ではないということですね。

ブラックジャック必勝法1:ヒットするタイミング

ブラックジャックでは、ディーラーのオープンカードを見て自分の次のアクションを判断します。

ヒットするタイミングもディーラーのオープンカードを見てからの判断するようにしてください。 

タイミングとしては、自分の手札がハードハンドで、ディーラーのオープンカードが7からAの場合、手札が17を超えるまでヒットしましょう。 

ブラックジャックの必勝法ではディーラーの2枚目のカード(伏せてあるカード)は10と予測します。 

なぜ17を超えるまでヒットすることがお勧めなのかというと、ディーラーがのオープンカードが7で、伏せてあるカード10だった場合、ディーラーの手札は17になります。 

ということは、自分の手札が17以上でないと、ディラーに勝てないということです。 

また、ディーラーのオープンカードが7以上だった場合、バーストする確率もたかくなる為、自分の手札が17になるまでヒットすることが必勝法の一つになっています。

また、配られたカードがソフトハンド(Aが配られたら)だった場合とハードハンドの11以下だった場合も、迷わずヒットしましょう。

ブラックジャック必勝法2:スタンドするタイミング

次の必勝法は、スタンドするタイミングです。

スタンドのタイミングとしては、自分の手札がハードハンドの12以上で、ディラーのオープンカードが2~6だった場合は基本全てスタンドしてそのまま勝負をするようにしましょう。

スタンドして勝負する理由うは、もしディーラーのオープンカードが6で、2枚目のカードが10だった場合、ディーラーの合計値は16になります。

16は17以下なので、ディラーはカードを追加で1枚引かなればいけません。

そうすると21っを超える確率が高くなり、バーストする確率も高くなるということなので、スタンドしてそのまま勝負した方プレイヤーの勝つ確率は上がります。

また、自分の手札の合計値が17以上だった場合も、必ずスタンドするようにしてください。

ブラックジャック必勝法3:ダブルダウンするタイミング

ダブルダウンをするタイミングは、自分の手札が9、10、13~18だった場合です。 

手札が9だった場合:ディラーのオープンカードが3~6であればダブルダウン

手札が10だった場合:ディーラーのオープンカードが2~9であればダブルダウン

手札が11だった場合:ディーラーのオープンカードが2~10であればダブルダウン

手札が13~18だった場合(Aと2・Aと7):ディーラーのオープンカードが4~6であればダブルダウン

ブラックジャック必勝法4:A(エース)が配られた場合のアクション・ソフトハンドの使い方

A(エース)のカウントは1でも11でもカウントが出来るので、エースが配られればプレイヤーは有利になります。 

もしAと7が配られた場合、合計18とカウントできるので、その場合はスタンドするかダブルダウンをしましょう。

AとAだった場合はスプリットが可能となるので、必ずスプリットしておくと有利です。 

なぜかというと、手札をブラックジャック(21)にする為にはAが必要になるからです。

スプリットして、どちらかの手札に絵柄が配られれば、ブラックジャックになり自動的勝利になります。 

ブラックジャック必勝法5:ブラックジャックベーシックストラテジーの表を使う

ブラックジャックのベーシックストラテジー表とは、とても便利な表で、ブラックジャックで勝つ確率を上げる為に使われる必勝法の表となっています。 

以下の表をプレイする時常に見ながら、遊ばれているプレイヤーも多いので、印刷またはメモに書いてキープしておくことをお勧めいたします!

Blackjack
Blackjack
Blackjack
Blackjack

以上、ブラックジャックの必勝法を解説させていただきました。

実際にリアルマネーを賭けて遊ぶ前に、オンラインカジノですと無料体験を提供しているサイトもあるので、ゲームに慣れるまで練習されるのもいいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *